JR岐阜駅と名鉄岐阜駅の間あたりに新しい喫煙スペースが設置され、明日から利用可能とのことです。

 
受動喫煙防止の観点からも時代の流れで路上喫煙禁止区域はどんどん拡がっていきますが、看板にあるような「清潔で美しく快適なまちづくり」のためには、喫煙スペースのある程度の確保は必要と思います。

以前そのような内容の議会質問も行いましたが、その後に出来た名鉄岐阜駅前の喫煙スペースの時もそうでしたが、今回のように、こうやって形になっていくのは嬉しいですね。

しかし、タバコ税は地元に入ってくる税金で、岐阜市では年間に約27億円もあるので、もう少し写真のようなオープンスタイルではなく、煙の漏れない喫煙ルームにして綺麗な空気を外に出すというようなのを作るくらいでいいのではとも思います。

今後もハード面だけでなくマナー啓発といったソフト面も合わせて、タバコを吸わない人、吸う人がお互いに気持ちよく暮らせるまちづくりをぼくなりに考えていきたいと思います。